2018年12月6日
by waostyle
コメントはありません。

「滑らかさ」

 

あるパーティやイベント、ウェディング全てにおいて言えるのですが、大きな骨子というものはあるものです。

そして、大きなプランというのは最大の成果を想像して、

例え、ハードルが高くても段取りと計画とリスクヘッジをして

本来求めるべき満足度の為にやるのです。

この段取りにのってこない段取りが一番大切だと思うんです。

例えば、

挨拶。

朝、一番で元気に挨拶するとなんか気持ち良いじゃないですか。

片付け。

ちょっと置きっ放しの連続が散らかってくる状況を生みますよね。

ありがとう/お願いします。

気持ちを表すって言葉はすごい仕組みだと思います。

なんだかスムーズに遂行できる人や、

ミスがなく安心感が出てくる人っていうのは、

これらがとても良いのだと思います。

どんなに立派なエンジンとミッションがあっても

「潤滑油」は大切です。

滑らかさはたまにどかんとやるのではなくて、

日々のメンテナンスの賜物だと思います。

2018年12月4日
by waostyle
コメントはありません。

最後の仕上げ

新郎新婦様には、最後の打ち合わせの後に、仕上げがあります。

 

例えば、体調管理。

新婦様であれば、ネイルやエステという方もいらっしゃいます。

親御様への手紙を書いたり、ウェルカムスピーチや最後のご挨拶を考えたり…その準備の中に、ウェルカムグッズなどのお持ち込みがあります。

 

準備期間の間で、ウェディングプランナーが二人と会う最後の機会です。

あとは当日を残すのみ。

 

二人の体調を確認し、お持ちになられたアイテムについてお話を聞きます。

細かな飾り方や扱い方についても相談します。

 

お話をすると、少し緊張していらっしゃる方も多いです。

ここまで来たら、プランナーがお二人にしてあげれることも少ないですが、

当日を楽しんでいただく為に、少しでも不安を取り除けるようにする。

 

ただただ、本気で楽しんでほしい。そんな気持ちでいます。

 

晴れ姿を楽しみにして。

当日は最高の一日にしましょう!!!

やればできる!!!

2018年12月3日
by waostyle
コメントはありません。

「積み重ねです」

 

INCにポジションあってからしばらくがたちまして、

だんだんと存在感が増してきました。

まず褒めると、

・お二人を見つめる視線が良い。

慈しみ深さを感じます。

・「してあげたいこと」が増えてきた。

・狙いを考えるようになった。

良いです。

やはり女子の方が目立っちゃうのは、男子?いや男としては、なんだか悔しいところもあるのですが。

どんどん目立てば目立つほど、上司からのリクエストも増えていきます。

本人からしたら厳しいハードルを感じることもあるでしょうが、

負けずに取り組んでもらいたい。

パーティ中のクォリティを生むのは日々の準備と片付けです。

それらにもっと向き合っていけるようになると、

一気にステップアップすると思います。

彼女が言っていたことを思い出しました。

「私の中で結婚式はとても尊いことなんです。」

がんばっていきましょう!!

やればできる。

2018年11月30日
by waostyle
コメントはありません。

頼れる男

慧太がフロアマネージャーになってはや数か月

 

以前にも増して頼れる男になりました。

後輩のキャプテンをしっかりとサポートし、自身もお客様の為に走り回る。

私は部署が違うので、披露宴では会場ですれ違うくらいですけれど、傍にいるメンバーはよりその成長を感じていると思います。

 

新卒で現在、唯一のフロアマネージャー

後輩からも、目標となるポジションです。

 

会場だけでなくフロア全体をコントロールするのは想像以上に大変で、いろんなことを見たり聞いたり考えたりしなきゃいけません。國井や伏本から、しっかり教えてもらっています。

 

彼はどちらかというと、彼は寡黙な方でまじめにコツコツやるタイプだと思います。

上司として、自分の得たものを、ちゃんと後輩に教え受け継ぐのも先輩の務め。

 

トレードマークはジェルで固めた1:9の髪型です。(ジェル消費は2週間で1本です)

 

もっと頼れる存在へ

今日も明日も突っ走りましょう。

やればできる。

 

2018年11月27日
by waostyle
コメントはありません。

すれ違えば奴がいる

私が現在、主に担当している披露宴会場と同じフロアに、いくつか他の会場があるのですが、

担当の会場へ向かう時に必ず通る場所があります。

 

披露宴会場と披露宴会場を隔てるスペースと言えばいいのでしょうか。

準備物が置かれていたり、次のプログラムに係るアイテムが置かれている、いわゆる「舞台裏」ってやつです。

 

そこを通ると大抵、達也に会います。

それは彼が、そのフロアにある会場のアシスタントを務めているからなんですけど、

いつも何かの準備をしています。

すれ違う時には「お疲れ様です!!」って挨拶しながら準備してるんですけれど、真剣な表情をしている時もあれば、走り回ってる時もあります。

 

 

普段は元気で笑顔、誰からも好かれていじられる。

イベントの時は爆笑をかっさらう。部署を超えて彼の話を聞くことも多いです。

 

私の担当のお客様の接客に入ってくれることも多く、その報告や、披露宴当日、私のお客様を受け持ってくれた時に話してくれる二人の様子を聞くと、想いを込めてサービスしてくれたことがよくわかります。

 

不器用なところは結構ある。

報告書もたまにわかりづらい。

けど、いいサービスマンです。もっとさらに出来ることを追求してほしいと思います。

 

 

きっといいキャプテンになれる。

やればできる!!