会社情報

■ WAO!!STYLE Mission Statement

「!!!」ってヒトを喜ばせるコト
「ヒト」という自分自身であり、人生であり、自分であることに軸足をおく。ぶらさない。ただただ、喜んでもらうことを追求し、妥協点は探さずに相乗効果を発揮する。会社というよりも「チームWAO!!STYLE」ということを意識する。マネージメントという概念よりもリーダーシップという概念がしっくりくる。スケールメリットを大切にし、スピード感を最大化させる。若手の台頭を誇りに思うチームであり、年功序列、出る杭は打つは禁止。目上の人を尊敬し、先輩を立て、感謝の気持ちをわすれない。その上でリーダーシップの強いオープンで気前のいい競争を。正々堂々と勝負する。すべてのことをポジティブに捉え、ネガティブに検証し、最大のインパクトを約束する。「これってあるといいな」を徹底的にやる。すべての起こることを自分の肌で感じ自分の頭で考え、オリジナルに昇華する。「ヒト」が関わることにはすべて幸せにするチャンスがある。世界に通用する「ヒト」に関するスペシャリストとなりリーダーシップを発揮するチームとなる。

■ VISION

「ヒト」が「ヒト」であるかぎり、喜びは存在する。どんな事業でもスタートは「ヒト」である。そこに大きな成長チャンスを見出す「ベンチャー企業」でありつづける。
WAO!!STYLEに触れたから「喜び」を感じて頂き、日本を元気にするインパクトをもつ。

■ 今日、起業するということ。つまり、これからの原点。

2013年4月1日そう、エイプリルフールに我々は「結婚式のサービス」を請負会社としてスタートしました。9名の社員と60名のアルバイト達。「!!!」な喜びを追求するというビジョンをもち、ヒトを大切にし、これからの人生をスタートします。「どんなチームであることがベストなのだろうか?」答えのない会話が始まります。これまで、仲間とともに大切にしてきたワードを紐解いていきました。これから創業メンバーも増え、アルバイトも増員し、アクションプランをナレッジへ変換し事業を育てていきます。しかし、50人の社員になっても10年経っても、世界へ進出してもわすれてはいけないことがあります。「チャレンジャーであるベンチャースピリット」です。

これから幾多の困難が待ち受けているでしょう。たくさんの喜びと感動、そして出会いに満ち溢れているでしょう。だからこそ、慢心せずにいつまでも忘れない心の原点を今日記録したかった。これはいつか変わっていくかもしれない。それでいいとおもっています。大切なのは「2013年4月1日に創業した時の想い」であることです。

 

1:仲間の未来と自分の未来に責任をもつ

仲間の未来と自分の未来に責任をもつどんなヒトに一番感謝しているのか?それを紐解くとここに行き着きました。自分だけでもだめ、仲間のためだけでもだめ、会社のためなんてもってのほか。たとえ、今は困難で壁にぶち当たったとしても、未来に責任をもっていきます。仲間の未来に責任をもつとは、仲間の夢を応援し続けること。応援とは行動のことです。自分の未来との接点を探すのではありません。相乗効果を発揮し、妥協ではなくまだ見ぬポイントを、お互いのレベルを超えたワクワクするところに。ここに向かったときに、本当の責任を手に入れると思います。

 

 

2:仕事は何をするかも大切だが、誰とするかが価値をきめる その誰かでありつづける

2:仕事は何をするかも大切だが、誰とするかが価値をきめる その誰かでありつづける我々も職業を選んだり、趣味でなにかを選ぶことがあります。人生は選択の連続です。タウンワークをみて一目惚れして選んだアルバイト、なんとなく始めた近所の手伝い。それがあなたの人生にどう作用したか?実はその職種よりも「誰といっしょだったか?」が大きくはないでしょうか?この「誰」に我々はなりたい。だって、みんなにこのWAO!!STYLEというチームへの誇りを持ってもらいたいから。自信を持って進んで欲しい。仕事ってはまったほうがいいんです。仕事にはまるって仲間にはまることだとおもう。我々はだからこそはまりたくなる「誰」になりたいとおもっています。

 

 

3:やるか?やらないか?やると決めたらどうやったらできるのか?

3:やるか?やらないか?やると決めたらどうやったらできるのか?世の中には「できない理由」や「やらなかった言い訳」はたくさんあります。でもどれだけ「できない理由」や「やらなかった言い訳」を並べたところで欲しい成果は手に入りません。やらないならやらない。やると決めたらやる。やると決めても阻む山はたくさんあります。山はあっても越えられぬ山はない。大変なだけなんです(笑)だから、越える!!と決めたら「どうやったらできるのか?」だけを仲間と話します。その時に笑顔でワクワクしたちょっといたずらっぽい表情になったらもう、最高。
超えちゃいますよ。つまり、やればできるんです。

 

 

4:最前線で突っ走っている方がかっこいい 評価が仕事の上司になんてなりたくない

4:最前線で突っ走っている方がかっこいい 評価が仕事の上司になんてなりたくない自分が憧れる人はいつもアクションしている人。そのヒトがしていることはいつもかっこいい。将来規模も大きくなり、メンバーも増え、事業が増えた時に「これまでの実績に居座る」メンバーは作りたくない。だって、かっこよくないから。あこがれないでしょ。走らないで、評価だけなんてされたくない。いつまでも、いつまでも全力疾走なヒトこそWAO!!STYLEでしょ。ボトムアップよりトップを引き上げろ!!

 

 

5:×WAO!!STYLEには凄いヒトがいる ○凄いヒトたちのあつまりがWAO!!STYLE

5:○WAO!!STYLEには凄いヒトがいる ×凄いヒトたちのあつまりがWAO!!STYLE組織が成長し、事業が安定し、仲間が増えるから凄いヒトがいるってわけじゃないとおもう。凄いヒト達が惹かれ合って一緒にいたくって、集まってくるのがWAO!!STYLEだとおもってます。会社の名前よりも個人の名前で生きれるようにしていきたい。独立したい人の夢を叶え独立したい人がずっといたくなるそんな「誰か」の集まりであるチームになっていきます。だから採用・育成には全力を注ぎます。

 

 

6:仕事の報酬はより大きな仕事

6:仕事の報酬はより大きな仕事WAO!!STYLEにいるとラクになることはありません。仕事の報酬は金銭よりも、ステータスよりも、実績よりも「より大きな仕事」なんです。だから、そろそろ楽をしたいな、とか、あぐら掻きたいなってヒトにはあいません。どんどん権限が増え、どんどん期待され、どんどんやりたいことをと、きっと感じてしまうとおもいます。だからこそ一つ一つの仕事に誇りをもって真っ直ぐに正面突破をしていきたいですよね。

 

 

7:本気で成長に向かったなら 前向きな失敗は許す

7:本気で成長に向かったなら 前向きな失敗は許すチャレンジしたって勝てるとは限らない。むしろチャレンジの回数が多いほど失敗する回数が多いかもしれない。だからこそ、失敗したから制裁があったり、レッテルを貼ってしまったりすることはしません。前向きな失敗は笑い飛ばします。欲しい成果があってできないことに挑んだのだからそれは賞賛に値します。次もどんどん応援します。逆によろしくないのは「できるのにやらなかった」「わかっているのに見て見ぬふりをした」これはいけません。なによりもいけない。「出来た!>出来なかった!!>やらなっかった」です。チャレンジャーであり続けるべきです。常に成長したいから。

 

 

8:常にタイミングは今がベスト

8:常にタイミングは今がベスト世の中に唯一の正しい答えなんてない。だからこそ、早ければ早い方がいい。もちろん時流を感じ、縁が後押しし、スタートダッシュを決めることは大切です。だからこそ、早ければ早いほうがいい。今を選んで正しかったって思える程に努力したらいいんです。一瞬の差が圧倒的な差を生み出すこの時代、スピードはタイミングに勝ると思っています。

 

 

■ 組織図

WAO!!STYLE Mission Statement

 

■ スタッフ評価システム

スタッフ評価システム

■ 会社概要

会社名 株式会社WAO!!STYLE
英名 WAO!!STYLE.inc
本社 〒108-0072
東京都港区白金1-17-1 SHIROGANE TOWER 2203
TEL 03-3446-2434
FAX 03-6740 9958
事業内容 ブライダルサービス請負
ブライダル関連事業
飲食店の運営
人材育成、チームメイキングにおけるコンサルティング業務
MC運営責任者委託(マネージメントコントラクト)事業
各種イベントプロデュース
資本金 5000,000円(2013年 4月現在)
構成 代表取締役:市川一郎
取締役:井上勝正
社員数:30名
スタッフ:100名