市川一郎ICHIRO ICHIKAWA

HEAD OFFICEFounder/Service staff

あなたにとって「顧客満足度の追求」とは??

「相手の立場にたって想像を超える」です。以前は「もし、自分がお客様だったらなにがベストか??」と考えていました。けれど散々言われて来たんです。「お前センス悪い、センスない、ダサい」かなりグサグサと刺されました(笑)けど確かになって思うことも多くて、悔しいけれど、他の誰かがデザインしたりコーディネートしたものが素敵なことが多くて。認めたくはなかったですけど。自分がされて嬉しいことっていうのは外れることが多い。そこから変わりましたね。とにかく勉強しようと。高級時計や海外リゾートばかりが掲載されている雑誌を読み漁って、実物を見に行ってると、やりたいことが溢れかえってくるんですけど、どんどん溜まっちゃってなけなしのお金を握りしめて体験しに行きましたね。そこで様々なポリシーを受け入れることができるようになったと思います。相手にとっての「想像を超えた言葉にならない!!!な瞬間」をいつでも探しています。

あなたが発揮すべき「リーダーシップ」とは??

「どのようにすればできるのか?」を考え、成果を最大化すること。自分が率先して走ることは大好きです。掃除していてもだれも付いて来てくれない時はブツブツ言いながら一人で反省しながら掃いてます(笑)けど、こういうときに自分のリーダーとしての資質を感じます。はっきりって無いんだろうな。きっと「この道を進むぞ!!」って発信したときに、みんなは「また何か言いだしたぞ。仕方ない。やってやろう」と思ってくれてるんじゃ無いかな。WAO!!STYLEの周囲には様々な強烈なリーダーシップを持った皆さんがいます。是非、そんな凄い皆さんと比べないでいただきたい。今は自分でやるべきこと、任せるべきことの境界線が難しい。きっと絶対の解なんてないんだろうけれど。すごく心配性なくせに、成果は絶対に達成したい。「ポジティブに初めて、ネガティブに考えて、成果がでるまで誰よりもしつこく粛々と文化になるまで進める」かな。

あなたのポジションをかっこよく語ってください

WAO!!STYLEの中で誰よりも良いサービススタッフだと自負しています。きっと反対意見も多いと思うんですけど、自分ではそう思っているのです。いいじゃないですか(笑)笑顔は負けますね。爽やかさ、ありませんね。フレッシュ感、持ってませんね。けれど誰よりも相手のことを深く考えて最速でアタックします。たとえそれが一皿のお料理をサーブすることでも。「道を譲らせたらNo1なんじゃないか?」とさえ、いつも思います。今、この瞬間もっと良いことはないか?って考えます。シャンパン注いでいるときなんて毎回思いますね。これで充分だなんて思えない気質なんです。良いことはもっと研ぎ澄ましたい。できることはもっと深めたい。知らないことはとことん体験したい。気になって気になってしょうがないのです。サービス以外を行うときもスタンスは変わりませんね。「課題をみつけ、改善し、成果を出すまでやる」のが私のポジショニングです。

WAO!!STYLEで叶える私の将来の夢

私は仲間のおかげでとても充実した毎日です。感動することや涙がでるくらい笑うこと、悔しすぎて奥歯を噛み砕くこともありますけど、今のスタンスを全てのことに当てはめて行きたい。これは夢って言えるのかな?WAO!!STYLEで叶えたい、実現したいこと、やるべきことはたくさん見つかりました。何から手をつけるかは仲間の夢と、世の中のご縁次第と思っています。WAO!!STYLEになってから具体的なビジネスプランは話すことをやめました。一人一人がしっかりとあーでもないこーでもないといながら盛り上がるべきだと思っています。なので言わないので聞かないでください(笑)いつも考えてますけど。一人一人が「WAO!!STYLEの仲間達で叶えたいこと」を真剣に考えたらいい。仲間の「将来の夢」がきっとWAO!!STYLEの未来であり、それが私がWAO!!STYLEで叶える将来の夢です。もちろん私もありますよ(笑)

WAO!!STYLEになって良かった事。

会社のこと考えなくなりましたね。今まで上の立場でも「お客様の満足度」「会社の方向性」「仲間の未来」の主に三つを常に念頭に置いていました。ここからすっぽり「会社のこと」が抜けました。「仲間の未来」とイコールだということに気がつき、振り切ることができました。人生を振り返ってみれば何をしてきたか?ということはキッカケであるけれど、その時に「誰とやってきたか?」が大事だと思うんです。「何をやるかよりも、誰とやるか?」その相手にとっての誰になれるか?何を成し遂げたいか?と誰と成し遂げたいか?は同じことでもあるし、違うことでもあると思うんです。その誰と成し遂げたいか?の誰はWAO!!STYLEのメンバーなんですよね。家族でもない、友人でもない、いや家族っぽいし、友人でもあるし戦友、仲間、ご近所さん。真剣に仕事して生きていたら、とても大切な相手になった。人生で忘れることのないパートナー達との時間です。

これからの私の人生はこう進む

そんなにおおきく変わらないとおもうんです。人からみたらどう言われるかわからないけれど自分自身はそんなに変わらないでしょうね。WAO!!STYLEになって「自分の未来にも責任を持とう」と思うようになりました。まず、肉体的に健康でありたい。新卒で合流する仲間達とスポーツしても勝負と名がついたら負けたくない。100m走なんて勝てるわけないけど必ず勝ちたい。世界中の興味を持ったことをどんどん経験したい。様々なハードルはあるけれど、越えればイイ。その時に一緒に同じ景色をみたいのがWAO!!STYLEのメンバーです。いつか自分ではないメンバーが頭角を表してきてほしい。その時は切磋琢磨して高め合いながら勝負して、いつか「自分が最大の武器」として使ってくれることも悪くないんじゃないかな。世の中には大変なことは沢山あるけれど、ほとんどのことはやったぶんだけできると思っています。やればできる。

キャリアステップ

私の産まれた頃から幼少期

東京都文京区湯島で生まれ。幼少期は父親の転勤に合わせて、仙台、弘前と転々としていました。生まれた時は普通サイズだったようですが、きっと親が与えてくれた栄養のおかげでしょうね。どんどん大きくなったそうです。(実は喘息持ちだったんですけど、仙台や弘前の真冬でも毎朝タンクトップでジョギングしてたら治ったらしい。)いわゆる自然児でした。川に飛び込んだり、カブトムシを捕まえたり。スキーは長靴がわりでした。

私の小学校時代

小学校1年生がおわった春休みに弘前から東京に戻って来ました。身体は大きくおやつにラーメンやカレーを必ず食べるまん丸な少年時代。言葉がいわゆる「弘前弁」だったので、とても同級生との会話にて恥ずかしい思いをしました。コンプレックスでしたね。子供だったのですぐ馴染みましたけど。熱中していたのはミニ四駆とかプラモデルをとにかく弄る。凝り性な自分の原体験だと思います。スポーツはミニバスを毎週やっていました。

私の中学校時代

補欠でしたけど、バスケは続けていました。とにかく勉強をしない。授業中は漫画読む、早弁、寝る。成績は学年ビリ近辺をライバル達と競っていました。補習・補講は当たり前。英語の先生には「お願いだから、もう追試受かってよ。そうしないと私が休めないの」と泣かれたこともありました。けれど勉強する気がないから仕方がない。見てもなにもわからなかったんです。家に帰ったら朝までとにかくゲームでしたね。けど皆勤賞です。

私の高校時代

高校1年の夏にバイクの免許をこっそりとりました。バスケも続けていたんですが、どうしてもアルバイトしたくて、2年生になる前に退部。バイト先はとても充実していました。しかし、今度は体力があまってるので眠くないんです。授業中に眠くないから起きていたら急にテストの点数がよくなりました。「授業って答えを暗に教えてくれるんだ」という気づきです。ちなみに基本的に無口で会話をしない内向的な性格でした。

私の大学/専門学校時代

もう、学校なんてサークルか麻雀のためにしか行ってないですね(笑)すべてはアルバイト!!朝〜昼はイタリアンのキッチンで、夕方から夜中までバーテンダーに夢中になっていまいした。卒業後は世界中をバックパッカーで世界の居酒屋めぐりを数年しようと思っていました。が、4年生の秋にICUに入る大事故で貯めていた資金は入院費用に。卒業前に就職した会社がPlanDoSeeでブライダルをやっていたのはたまたまです。

私がWAO!!STYLEに決めた理由

PlanDoSeeにて仕事の考え方を学びました。後にPacificDinerServiceへ出向→転籍しました。ここで学んだことを実践できたこと、のちのWAO!!STYLEの創業メンバーとなる仲間と出会えたことはかけがえがないですね。「世の中に必要なチームはなにか?」「顧客満足度を追求するために必要なことはなにか?」ずっとと考えていた際、勝さんに背中を押されましたね。もう最後は自分との戦いでした。

世の中にWAO!!STYLEを発信してください!!

ありそうでなかった「顧客満足度を追求するチーム」それが我々WAO!!STYLEです。追求ということはゴールがない。あるわけがないんです。だからずっとずっと深く鋭く駆け抜けたい。研ぎ澄まして行きたい。やったぶんだけできるのです。壁超えるのは自分だし、その時支えてくれるのは仲間です。WAO!!STYLEは会社というよりも「チーム」という表現がしっくりくる。WAO!!STYLEとは可能性。やればできる。

あなたにとって「WAO!!STYLE」とは??

「生き方」ですね。WAO!!STYLEは人生そのもの。我が子であり、我が分身であり、我を写す鏡です。理想論やあるべき論を標榜することが多いですが、これは「そうでありたい」とおもっている自分の決意のようなところも多分にあります。プライベートではそのままでも、仕事くらいカッコつけて気合いいれて「なりたかった自分」になって良いと思うんですよね。世の中にこんなチームが一つくらいあっても良いと思ってます。

最強の師匠人生の目標、最も信頼している人

砦。開けられない扉。

一生青春 一生学びや

何事にもストイック、より深くを追求

我らがBOSS。ついて行ってよかったです

師匠。WAO!! STYLEの全て。けど時々友達。

常に課題・目標を与えてくださる大きな存在

社長兼サブカル友達兼ブログ仲間兼人生の師

人生を変えてくれた人。永遠のライバル

WAO!!STYLEの生みの親。東京のお父さん

WAO!!STYLE。圧倒的に走り導いてくださる

大黒柱。わたしの人生を変えてくれた人。

高く分厚くそして、尊敬すべき巨大な壁

偉大。将来は銅像になってるとずっとおもってます。

人生の先生 正しい道に導いてくれる。

全てにおいて絶対的で超えたい背中

田舎から出てきた私にとって東京の第二のお父さん

"WAO!!STYLEの大黒柱"です!

圧倒的存在感、ついていきたいと思った人

感謝しかありません。成果で必ず返します。

大きな背中!!!  偉大な背中!!!

市川さんといたらなんでも挑戦したくなる。

文字に書き表せないほど凄すぎる人

会うたびに目標をくださる方

言葉で表せない最強さ。インスタグラマー。

WAO!!STYLEのお父さん

圧倒的な存在感。最強のオーラがみえる!

東京の強くて頼れるお父さん。娘愛を感じます。

圧倒的な存在感とオーラが偉大

新卒採用アルバイト募集