2018年7月1日
by waostyle
Challenger はコメントを受け付けていません。

Challenger

新しく何かを始めたり、
経験のない場所に飛び込んだり、
それまでとは違う何かに挑戦するときにぶつかる壁

その最大の敵は自分だと思います。

そもそも自分にはできないと諦めたり
失敗を恐れて踏み出さなかったり
失敗してくじけそうになったり
自分の常識に縛られたり
行った結果を直視しなかったり
誰かのアクションを待ったり

こうやって考えると、際立って見えるだけで、特別に新しい何かに挑戦する時にだけ現れるんじなくて、
いつでも敵は存在している。

常に自分と戦ってないと、欲しい自分は手に入らないんだと立ちふさがる。

毎日違うお客様と相対し、同じお客様だったとしてもコンディションや状況は変わるし、長く同じことや、仕事をやっていたとしても、毎日新しい何かがある。

常に新しい変化に対して敏感で、自分への挑戦をあきらめずに行っていけることが大事なんだと思います。

自ら挑戦の意思を持つこと
そんでもって挑戦を続けること
成果が出ても、その先を追い求めること

いつでも挑戦者だ。

やればできる。

2018年6月30日
by waostyle
「カルビに賭ける各々の想い」 はコメントを受け付けていません。

「カルビに賭ける各々の想い」

やっぱり週末終えると一番食べたいのは焼肉です。

「飲み物よりも先に、乾杯よりも先にカルビが食べたい。
カルビとご飯が私は食べたいんです。
 私はカルビで乾杯したい」
By夏々星

「仕事終わりのご飯ほど快感なこともありませんよ。
 特に肉と白米大盛り」

By剣吾

「赤身よりもまだまだカルビが美味しいんです。
 カルビはやっぱり生きてる感じがします」
By美佳

いかにもよく食べるWAO!!STYLEっぽいコメントでした。
(ちなみにWAO!!STYLEはアルコールはとても弱いです。GA最高)

先週の週末ご飯の一コマです。
良く食べて、
良く働く。
そして、良く休んで、良く遊ぶ。

週末も頑張ってまいりましょう!!

2018年6月29日
by waostyle
Katsunuma!!!!! はコメントを受け付けていません。

Katsunuma!!!!!

昨日、山梨県の勝沼に行って参りました。

今回の旅の目的は、オリジナルワイン作成の為の下見と、ワインの勉強の為です。

一緒に参加してくれた有志は5人。
中には、ソムリエの勉強中のメンバーもおり、楽しみにしてくれていたようで…

電車に揺られ、2時間15分程で勝沼ぶどう郷駅に到着

見渡す限り、一面がブドウ畑!!
ちょうどブドウも結実しており、色付きこそまだでしたが、これからの収穫を匂わせる貴重な瞬間を見ることができました。

今回は、予約が出来たシャトー・メルシャンへ

約一時間程の案内
他の見学先では見れないような場所まで連れて行ってもらえました。

そして

待ってましたと試飲タイム!!
今回はタイプの違う6種のワインを順番に試飲させてもらいました。

普段、こんな風に比較試飲をしないメンバーには特に、その違いに驚いていました。

その後勝沼醸造、蒼龍ワイナリーにお邪魔しました。

それぞれの個性のあるワイン、ぶどうの木や実に触れて、よく学び、よく飲みました。

あとはそう、今日の体験を
お客様へ還元するのみ!!!

そして来年にはWAOワインファーストラベルか?!

やればできる!!!

2018年6月28日
by waostyle
「ふわふわ」 はコメントを受け付けていません。

「ふわふわ」

自分がふわふわしている時期がありました。
どうしていいかわかんなくて、
先輩が見るにみかねて話しかけてくれました。
内容は恥ずかしすぎて言えないんですけど、
その先輩は言いました。

「目の前のこともっと本気でやってみたら?」


(先輩方。誰かはきっとわかるでしょう)

ひとつひとつ目の前のことを全力でやれないと
だめだと思う。
その先輩が言ってくれたことによって、
自分がすごく助けられた。
自分は何やってたんだろ。
死ぬときに後悔せずに死にたいのが目標です。
最近、後輩達が入ってきました。
後輩にはまだ偉そうに言えないんだけど、
いい影響を与えられる男になりたい。
そんな先輩みたいな男に俺はなりたい。

スタッフ一人一人に声をかけたい。
後輩の面倒をみていきたい。

藤ノ木 怜央 – Reo Fujinoki


(レオの写真がなかったのでHP)

上手に喋れなかったみたいだけど、
本人的に決意を持っているのが伝わってきます。
なんか連続で登場するということは、ちょっと目立ってきたってことでしょう。

がんばろレオ。

2018年6月27日
by waostyle
握手 はコメントを受け付けていません。

握手

二人のお父様と握手をさせていただきました。

結婚式当日のことです。

一人目のお父様は、打合せにいらしてくださった方で、
後に厳しいお言葉を頂戴しました。
担当者の変更をお願いされ、自分の至らなさに、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

その後、

「最後まで担当してほしい。そして、結婚式をして良かった、任せて良かったと共に喜べるようにしたい」

そう新郎新婦様から仰っていただき、お父様にもお許しをいただき、
当日までお任せいただけるチャンスをもらうことが出来ました。

当日を迎え、お父様に御挨拶に伺った時

「今日はよろしくね」

そう言って握手をしてくださいました。

力強く握ってくださったその圧力を感じて、

「頼むよ」

そう言われてる気がしました。

これまで大切に育てられてきた想いが詰まっていたように感じました。
その後もしばらく、その手の感触が残ってました。

その後の披露宴での結びの挨拶を聞いて、
どれだけ新婦様のことを想っていらしたか、改めて感じました。

僕はこの日を忘れません。

二人目のお父様は、お見送りが終わった後に握手をしてくださいました。
その手は、柔らかくて、けれどしっかりと優しく握ってくださいました。
嬉しさや、喜びや、嬉しさ、安堵、感謝の気持ちが伝わってきました。

自分のプランナーとしての生き方や、これまでどうだったのかを考えさせられる。
そんな2日間でした。

これが「想い」なんだと

だから僕はやるんだと

今一度、自分を見つめ直して
お客様とその背景にいらっしゃる二人を想う大切な方々の為に真剣に向き合うことを

やりきります。