2018年5月14日
by waostyle
「レベルを引き上げる方法」 はコメントを受け付けていません。

「レベルを引き上げる方法」

レベルを引き上げる方法。

トップについてしまうことだと思います。
同期
同職位
同ポジション
同レベル

これらの範疇の仲間とは切磋琢磨することは大切です。
では、なぜここが大切なのか??
もっと上の人といると変わってくることがあります。
それはなんだと思いますか???

「あたりまえ」

という概念が変わってくるんです。
この当たり前、いつも通りってすごく強敵です。

ゴミを拾うのもいつも通り、
ゴミを気にしないのもいつも通り。

どっちのいつも通りが良いか?

人生にはそれまでの関わってきた人が凝縮されています。

この「一緒に過ごして来た人」という影響力は、
良い面も、悪い面も最強です。
特に悪い面、楽なだけのことをするなど負の引力はとても強い。
良い面の引力なんて1/10くらいでしょうか?
だからだからとても高いレベルの人達をターゲットにして、できる限り一緒にやるのが己のレベルを引き上げる方法だと思います。

いま思えば彼はそうやって上司、先輩と時間を過ごし同期と仕事においてはあまり時間をとりませんでした。
結果、とても成果を出せるレベルに成長した。

彼に聞いたことがあります。
「狙ってそうしてたの??」

「もちろんです」と。

調子の良いとこまで先輩方から受け継いだらしい。

2018年5月13日
by waostyle
「誰かの時間」 はコメントを受け付けていません。

「誰かの時間」

もし、もっと成長したい時に、誰かのサポートが欲しいのならば、リクエストして下さい。

もし、相手が快い反応をしなかった時は原因があります。
・貴方との時間よりも優先すべきことがある
・貴方の情熱が足りない
・貴方のリクエストを受けるほど、貴方のここまでの実績、努力を評価していない

貴方にとっては、はじめてでとても偉大な挑戦でも、上司・先輩にとっては複数回繰り返されてきたコトだったりもする。

実は上司・先輩も同じ挑戦や違う形でのなんらかのサポートを上司・先輩の上司・先輩から受けているのですが、上記のなんらかの理由により、受け容れて貰えない。

実はそういうタイプの、上司、先輩には傾向がある。

□考えさせる<言った通りにやれ

□全ての項目をチェックする < 目についたことを言う

□常に教えてくれる < 気が向いた時に現れる

□FBが考え方に対する正誤 < FBが感情論

□成果を認める < 努力賞でOK

けど、上記右側のパターンでも悪気があるわけではない。

どちらかというとめちゃくちゃ熱いだけでもある。


お互いに大切なことは目的に対する本気度。
相手を動かすのは自分次第。
他人と過去は変えられない。
自分の情熱で相手を動かせ。
上司・先輩を動かすのはおまえだ。
部下・後輩を動かすのはおまえだ。
情熱の表現は語気の強くした言葉だけではなくて、
日々の行動の積み重ねだと思う。

お互いに。

2018年5月13日
by waostyle
「or」なのか「and」なのか?? はコメントを受け付けていません。

「or」なのか「and」なのか??

クォリティに関する話です。
急いでいると、雑になる。
ゆっくりやると、丁寧になる。
若いと、元気がいい
ベテランだと、安心感がある。

いやいやいや。

丁寧に最速でやる。
若くても、安心感があって元気もいい。
ベテランでも、元気がある。
これがいいでしょう。

逆だったら???
ゆっくりやっても雑である。
若いのに、元気がない。
ベテランだけど、安心感はない。
こまっちゃいますね。

「or」にしてしまうのはきっと自分の判断なんです。
ここまでやったからしょうがない、
自分を責めないでくれ、
どっちかというえば、賞賛して欲しい。

「and」で自分のモチベーションや行動が行われていると、
もっとこうだ。
あと少しこうなんだ。
理想へもっと近づくんだ。
意外とこういう時は、褒めてほしいとか思はない。

いわゆる「没頭している」状態なのだと思います。

なんらかの理由によって没頭できないことや、したくない時はどうするのか??
モチベーションの改善策はわかりませんが、
「手足を動かす」
ことだと思っています。
(口はケースバイケースと思います)
気持ちが乗らなくても、没頭できなくても、
手無し動かしてやることはやる。
それが生き方、WAO!!STYLEでありたい。

マネジメントしてもらうよりも、
自分の行動と成果でマネジメントをかけるのです。
いや、そんな言葉よりも、
己の背中で伝えればいい。伝わるまで。
そこできっとその背中を見た人は気がつきます。
「あの人も葛藤していてもきちんと成果を出す。
 そんな人になろう」と。

2018年5月12日
by waostyle
「誰がやるのか?・・・・もちろん己でしょ」 はコメントを受け付けていません。

「誰がやるのか?・・・・もちろん己でしょ」

ここに、

「ある人がやらなかったら、
他の誰も代わりにやることはできないという特殊な任務」

があります。

ある人がそれをしなかったら、
それは、実現しない。

目の前のお客様のこと、
チームのこと、
自分のこと。
誰がやるのか?
誰かやってくれよ?と思ったら負けの始まりです。
ここからあっちのラインは私じゃない。

これをどう決めるか?
最大で最強のライバルは己の怠惰。
「やっときゃよかった」
「やれたらいいよね」
それをやるのがライフワークだ。
仕事はこれまでの人生をパワーアップさせる
最大の機会です。
一つ一つの行動で、

一生付き合うような仲間との関係性の構築や、
不変の友情から人生最高の宝物が得られるとおもいます。
やったぶんだけできるので。

やればできる。

2018年5月12日
by waostyle
自分の為か、お客様の為か はコメントを受け付けていません。

自分の為か、お客様の為か

先日、インタビューなるものを受けてまいりました。

創業メンバーと第一期生だけだったのですが、お話させていただいたのは、就活サイトを運営されていらっしゃる会社の方です。

私はあまりこういう機会を今までいただいたことが無かったので、正直ドキドキしながらお話致しました。

話したことと言えば…なんでしょう。
色々と聞かれ、全てを覚えていないのですが、

たくさんの質問の中で、
「長く仕事をしていると、自分のやっている仕事が、何の為にやっているのかわからなくなることはありませんか?
今やっていることは、果たして自分の為なのか、お客様の為なのか、それとも違うものの為なのか」

ということを聞かれました。

不思議と、迷わず答えが出ました。

「全てはお客様の為です。結果、お客様にとってを追求してやっていることで成果を得て、自分の為になっているから。お客様の感動や満足という成果=自分の成果だと思います」

多分、これはWAO!!STYLEにいるから出た答えだろうな、と後から思いました。

自分の為と、お客様の為は、二者択一には成り得なくて、
ご飯が美味しかったり、休みが待ち遠しかったり、仲間と飲むことが嬉しかったり、自分の日々の生活が充実して、幸せになるのは、人の為に本気で仕事しているから得られるものなんだと、そう思います。

そうやって、自分が誇りを持って働いた成果で、自分や自分の家族も幸せに出来たなら、
自分自身にやりきったって言える気がします。
しんどい時や辛いな、と感じる瞬間はあるけれど、
でもそれは、やり切ってお客様に届かない。のではなくて、自分がやった分が足りてない、もしくはやってないからなんです。
届くまで本気でやる。全部出来たら、しんどくない!!はず。

「嬉しかったことで覚えていることはありますか?」

披露宴を終えた新婦様から、「この仕事天職ですよね」って言ってもらえたことがあります。
その時、言葉にならないくらい嬉しかったです。
自分の気持ちや行動が、お客様に届いたんだと、自分で納得が出来ました。

まだまだ、自分が結婚式の仕事に向いているなんて言えないですし、わかりもしません。
でも、まだまだやれると思います。

自分で「天職だった」と思えるくらい、とことん、このチームでやってみたいと思います。
自分の意思に嘘をつかないように、

明日もやりきりたい。

やればできる!!!!!!!!!!!!!