高柳 拓弥 – Takuya Takayanagi

サービス事業部スタッフ
ポジション:スタッフ

キャリアステップ
0歳 : 1994年2月14日 「生誕」 まさかのバレンタインデーという特別な日に大雪の中、東京で生まれました。
6歳 : 「野球をはじめる」 兄の影響で半ば強制的に野球をはじめました。最初は本当に練習が嫌いでよくサボっていました。しかし次第に野球を続けていくうちに楽しさを覚え、結局高校まで12年間野球人筋で続けました。
18歳 : 「強豪校と神宮球場で新聞に取り上げられる程の善戦」 高校野球最後の大会でベスト32だったが、プロが使う神宮球場で強豪校に八回途中まで勝っていて結果的には負けてしまったが最高の試合をすることが出来た。
20歳 : 「初めての試み」 今まで野球一筋だったが大学ではバスケサークルに入り、初心者は一人だけだったがめげずに頑張り、大会などでMVPを受賞した。そして副代表を務め四年間活動を続けた。
21歳 : 「就職活動」 ブライダルに絞り、就職活動をしていたが中々うまくいかず諦めかけていた時にWAO!!STYLEと出会い、毎回面接をしてくださる先輩方とのお話は常に刺激を与えてくれて、この人達と働いたら絶対成長出来ると思いWAOに絞って就職活動をしました。
22歳 : 「WAO‼︎STYLE」 WAO!!な内定式が終わり、今は仕事をしていく中で日々自分の不甲斐無さを感じ、先輩たちの背中についていくのがやっとです。これからは自分の背中を見られるように顧客満足度の追及に取り組んでいます。

 

 

あなたにとってWAO!!STYLEとは??

「全力で夢を追いかけ達成させられる人達の集まり」
目の前にいるお客様への夢をしっかりと聞きそれに向かって一人一人が全力で取り組み、たとえどんな状況であろうと「無理」「出来ない」などという言葉を使わずに「必ずやる」という全員が共通した意識を持ち、お客様にとってはビックリするようなことでもそれを当たり前のようにこなせる人達の集まりです。

あなたにとって仕事とは??

仕事とは相手の想像を超える利益を与えること。頑張ったけど相手の利益にならなかったらそれは仕事ではなくなる。誰かのために何かをやってあげて、それが相手の利益に繋がって初めて仕事と呼んで良いと思います。

人生の成長を感じた瞬間

人に何かを教えるときにどんなことでも本気で伝えるようになり、他人の結果まで責任を持つようになりました。今までは自分が満足すればいいと思って、他人の結果など気にしていませんでした。しかし、バイトの子に教える時などその子がしっかりと出来るようになるまでとことん教えるようになり他人の結果までこだわるようになりました。

自分の人生観

「みんなで笑いながら人生を楽しんでいきたいです。」
常にポジティブに物事を考え、常に前しか見てないです。そして常に笑顔を意識してより多くの人に笑顔を届けていき、みんなで笑いながら人生を楽しんでいきたいです。

リーダーシップ

背中を見せることだと思います。どんなに自分が口で率先してもそれを自らが率先して実行しなければ誰もついて行こうとはしてくれません。まずは自分が率先して行動で示して、背中を見せてあげることで周りもついてきてくれた時に初めてリーダーシップを持つことが出来ると思います。

WAO!!STYLEになってよかったこと

「目標となる先輩方がたくさんいる」
毎日刺激を与えてくれて日々成長させてくれるチャンスを与えてくれるところ。そして先輩方を追い越そうとするときに全力で立ちはだかり常に前を向かせてくれること。

将来の夢

アメリカで日本の「おもてなし」を提供できるウェディングハウスを作ること。そしてより多くの外国人に日本の「おもてなし」精神を広めること。

世の中にWAO!!STYLEを発信してください

こんなに個々の夢を話し合ったりして共有しあい、切磋琢磨している会社は無いです。そしてそうすることでお客様に対するサービスに対して貪欲に追及して、最高のサービスを提供できる結婚式を作ります。

WAO!!STYLEへ入社希望者へのメッセージ

妥協をせず一度の人生なので全力で生きてください。私は常に二番手の人生を歩んできて心のどこかで「二番手でもいい」と妥協していました。そこでWAOの面接をしていく中でいつのまにか「一番じゃなきゃダメだ」という気持ちになっていました。WAOは一人一人が一番を目指して働いています。今まで二番手で甘んじていた人は一回説明会に来て先輩方と話してください。そうすることで必ず「一番手」の大事さが見えてきます。入社したら共に「一番手」を目指しましょう。そうすれば必ず今まで見えなかった人生が見えてきます。そして「やればできる」精神を常に心に持って就職活動も妥協をせず、途中で投げ出さずにしっかりと向き合えば必ず自分にとって最高の人生を歩めます。

これからの人生

全力で笑って、声をだし、常に先頭を走ってお客様に最高のサービスを提供します。そしてより多くの人達に笑顔を提供したいです。いずれは海外に行きこの自慢の笑顔を世界のお客様にも届けてより多くの笑顔を撮り収めていきたいです。

みんながあなたのことをこう言います

市川一郎: 得意分野はすごく良くなった。次は苦手分野もしっかり超えるんだ。
井上勝正: 最近盛り上げることがうまくなってきた 本気の笑顔で時期リーダーへ
金村潤三: 最高の目立ちたがり
伏本周永: 酔った時だけ一番
荒井直子: 負けたくないって言う男
藤田啓輔: 1番に手を挙げます
井上健太: もう一歩の男
松雅刀: 一番きっちりしてるよね、たくちゃん
三村純己: らしいね。
国井俊輔: 体はでかいが、パッとしない
伊庭智之: 元気少年
庄村昌也: 後輩想いな巨人
岸本智渚: やさしい筋肉マン。
碇美奈子: 生意気。でも可愛げしかない。のび太。
佐藤慧太: 刺身評論家
関谷玲奈: 良い声。パワー系。
清野なつみ:同期を引っ張る
高柳拓弥: 常に全力疾走をしている男
山内美佳: ちゃんとやる。とっぷちーむ
日比野将人:お兄さん的な存在。声が高い。
柳瀬昌紀: 周りを巻き込む笑顔
武末彩花: 頼りたくなる!リーダーシップ溢れる
田中統子: 毒舌の中に優しさがあり、とても面倒をみてくれる
藤ノ木怜央: 怖いけど面白くて優しい
山口達也: 毒舌だけど優しい
尾崎剣吾: 最強に最高です!ついていきます!大好きです!
島野工: 面白い
吉原良: 怖いけど,引っ張られます!
鹿島裕也: 何でも相談に乗ってくれる頼りのある人
松田惇平: 厳しそうで、本当はめちゃくちゃ面倒見のいい兄貴。
中村道香: 的確な指示をしてくれる。パワフル。
天間夏々星: くしゃっとしたつられる笑顔
秋本芽衣: ガツンと心に来るキラキラ笑顔