松 雅刀 – Masato Matsu

役職:プロデュース事業部セクションチーフ
ポジション:ブライダルコーディネーター

キャリアステップ
19歳 : 大学在学中、プライベートではダンスに明け暮れる毎日。この年にブライダルサービスに出会い、京都のゲストハウスウェディングでアルバイトを始める。市川さんを始め多くのWAO!!メンバーと出会う。
22歳 : アルバイト先の会社に新卒として入社。研修時代に藤田と苦楽をともにする。神戸のホテルに配属後、キャプテン、宴会インチャージとして二年勤務。その中でソムリエの資格取得。
25歳 : 九州リゾートホテルに異動となり金村さんの下で一年間勤務。一年後、金村さんとともに退社。WAO!!STYLEの創業メンバーとして東京へ。
27歳 : キャプテンを経てプロデュース部に異動。ブライダルコーディネーターとして現在勤務。

 

 

 

あなたにとってWAO!!STYLEとは??

「やればできる」
この二年間で「変わった」といわれることが多くなりました。それは今、他人から見れれ評価されている自分を受け入れ自分を見つめ直し、正す努力をしたからだと思います。
これまでやらなかっただけだと思いました。そうやって見るといろんな仕事において、受け方や仕方、考え方、言動、行動にも同じく表れていると思いました。
自分が変わらなければ周りは変わらない。やればできるといい続けた一郎さんの言葉の意味がよくわかった創業1年間だったと思います。
どんなことにおいてもやらないだけで不可能なことはほとんどない。やるときめたならやるしかない。成果が出るまでやり続ける、勝ち続ける。
それがWAO!!STYLEだと思います。

あなたにとって仕事とは??

「自分の人生の軸」
人生の中で仕事をする時間は半分を占めると思います。プライベートでしか得られないものもたくさんあるけれど仕事をすることでしか
得られないものもたくさんあります。達成感や充実感、仲間、評価、収入、存在理由やアイデンティティー、人によって様々だと思いますが
仕事無くしてプライベートの充実はないです。本気でやってとことんやる、成果を出し、自分の成長を感じるからこそ、本気で遊びたくなるし、シャンパンが飲みたくなるし、ビールが美味しく感じます。
私にとってはWAO!!STYLEで本気で顧客満足度を追求し、成果を出すこと。本気で自分に向き合い仕事をすることは自分の人生に本気になること。
同じ思いの仲間の人生に責任を持つことになります。
ブレない人生の軸が仕事です。

人生の成長を感じた瞬間

「一番大切なことを一番大事にできるようになった時」
もちろん2,3番が大切ではないというわけではないのだけれど、そのために1番やるべきことをないがしろにして、言い訳していた自分ってなんて罪なやつだとおもいます(笑)一番大事なことは譲らない。より頑固になりました。

自分の人生観

「やればできる」
創業の時にポスターを作りました。表の方は私たちの決意や思い。裏面には思いのままに欲を。
一言で言うなら最高の人生を送りたい。だから仕事を死ぬ気でやる。渾身の一手を出す。とことんやって成果を出す。仕事以外では仲間とバカをやって遊んで飲んで笑って、自分に家族が出来ても共に過ごす。

リーダーシップ

常に一番前に出て戦い、自分がやって背中を見せること。どうやったらできるかを考え行動し続けること、それをメンバーに伝播させること、そして成果に結びつけること。

WAO!!STYLEになってよかったこと

出来ない自分を認めさせてくれる仲間がたくさんいた。変わるきっかけを与えてくれたから成長できた。考え方が変わった。

将来の夢

WAO!!STYLEの自社レストランを創ってそこで見たことのないレストラン、バー、ブライダルをつくること

世の中にWAO!!STYLEを発信してください

顧客満足度の追求のみを考えた会社です。重要視することはそれのみです。追求することは進化し続けるということ。業界で、世界でリーダーシップを発揮する。結婚式って素晴らしいものだと改めて感じ、結婚式をあげたい人で埋め尽くされる世の中にするのがWAO!!STYLEです。

WAO!!STYLEへ入社希望者へのメッセージ

来年で3年目を迎えます。あっという間でした。最初は10人だったのが新卒メンバーが加わり一気に倍以上に。
嬉しかったです。本当に。
丸二年が経とうとしていますが、この二年で私自身が身にしみて思うことは「やったらやった分だけ成長に繋がる」です。逆を言えば「行動して成果が出るまで走り続けないと変わらない」ということ。
創業当時と変わらず全力で突っ走っています。ひたすらに顧客満足度の追求だけをしています。自分が前に出て背中を見せます。仲間と自分の未来に責任を持っています。
本気でやってこそ成果に繋がり、自分の成長に繋がります。
入社当時、何も知らない、わからなかった新卒たちが今活躍している姿を見ると本当にそう思います。彼らは本気でやってくれたから今の姿があると思います。そして自分自身においてもそう思います。
同じ想いで突っ走るメンバーがまだまだ必要です。
きっとどの企業に入っても求められるのは「本気でやって成果を出すこと」だと思います。
やってやるっ!!!!って想いがあれば出来ます。やればできる。

これからの人生

変わらず本気で仕事をし、成果を出して昇格。プロデュース部の基幹になる。プライベートでは結婚。
自社店舗が出来てそこでマネージャーとして活躍。背中を見せ続ける上司となる。
仲間と自分の未来に責任を持って、自分が上司にしてもらったように後輩にし続ける人でありたいと思います。

みんなに一言

市川一郎 :もう一回寿司に連れていきたい人
井上勝正 :ウチのマザーコンピューター
金村潤三 :良いところ見せたい人
伏本周永 :ちゃんと決めるところがカッコイイ
荒井直子 :師匠
藤田啓輔 :心の友
井上健太 :健太さんは色々すごい
三村純己 :かわいい奴
国井俊輔 :知らん間にカッコイイキャラになってる人
伊庭智 :みんなのいばさん
庄村昌也 :会社の外では友達
碇美奈子 :いつのまに大人になった
佐藤慧太 :イケメン
関谷玲奈 :生意気やけどかわいい後輩
清野なつみ :しっかり者
高柳拓弥 :幹事役が板についてきた
山内美佳 :パリピ
日比野将人 :おとなしさナンバーワン
柳瀬昌紀 :いじられナンバーワン
武末彩花 :ど天然
藤ノ木怜央 :筋トレ部期待のエース
山口達也 :日本語弱めのかわいい後輩
尾崎剣吾 :トリッキーナンバーワン
島野工 :怪我から復帰した不屈の男
吉原良 :白鳳のエース
松田惇平 :可愛がられ役
中村道香 :筋トレ部紅一点
天間夏々星 :多部署からも人気者
秋本芽衣 :マスコット
山田哲平 :お調子者
足立祐希 :期待の新星
永尾香奈子 :真面目っ子?
野口ひなの :ニコニコ甘え上手
加納風歌 :元気娘