柳瀬 昌紀 – Masaki Yanase –

サービス事業部スタッフ
ポジション:会場責任者 キャプテン

キャリアステップ
0歳 : 1993年10月31日「誕生」 大阪府、堺市で元気な男の子として生まれました。
6歳 : 「初めてのスポーツ」 父が監督のチームでソフトボールを始める。結果が出ず怒られてばかりで、泣きながら素振りをしていた記憶があります。
13歳 : 「野球部入部」 ソフトボールをやってきたので、野球部入部を即決。しかし、監督・コーチ・先輩、とにかくすべてが厳しかった。でも、仲間のおかげで3年間の毎日の練習をやりきることができました。
18歳 : 「初めての目標達成」 高校1年生の時から担任の先生に近畿大学に行くと宣言していた!そして、高校3年生の時近畿大学に行けることが決まった。自分で掲げた目標が初めて叶った瞬間でした。本当にうれしかった!!
21歳 : 「ブライダル業界」 ウェディングに絞って就職活動をスタート。自分のことよりも、他の誰かのことを考える性格の私には、これしかないと思っていました。なかなかその気持ちだけではうまくいかず、他の業界を考えた時期もあった。でも人生1度きりなんだから、「好きなことを仕事にする」という自分の軸は持っておこうと決めました。そんなとき、WAO!!STYLEの初の関西での説明会に参加させていただいて、鳥肌がたったんです。この人たちと、絶対同じ舞台で働くと心に決めました。そこから、東京で面談をしていただいて、4月からWAO!!STYLEの皆さんとお客様のために働かせていただけることになりました。正直、幸せで幸せでたまりません。泣いて喜んだあの日を忘れることはありません。
23歳 : 「キャプテンデビュー」 入社してキャプテンを目指して突っ走ってきました。そして、迎えた11月20日のデビュー戦。準備もしました。想定もしました。でももっとお二人にできたことがあったと感じました。お二人に僕でよかったと涙を流して言っていただけるキャプテンに私はなります。力をもっとつけて、成長して、1人でも多くのお客様に人生で一番の幸せを伝えていきます。

 

 

あなたにとってWAO!!STYLEとは??

【お客様のために人生を賭けてやりきる場所】
私は、ウェディング・ブライダルといった何をやるかという部分にばかりこだわって就職活動を行っていました。しかし、何をやるかということよりも誰とやるかということの大切さをWAO!!STYLE満足度の追及をするんです。自分にとってはまだまだスタート地点に立ったばかりにすぎません。ここからの人生、全てを賭けて突っ走ります。

あなたにとって仕事とは??

「自分の人生を賭けてお客様を幸せにすること」 全てはお客様に集約されます。お客様がいなければ、自分がお客様に選んでいただけなければサービスをすることさえできません。だからお客様が1番大切で、その当日だけでなくその先も
共に歩んでいけるような関係性を築くことができるサービスを追求していきます。そのために自分ができることこは、お客様とより会話をするということです。ただ料理を運ぶだけでなく、料理をさげるだけでなく、その瞬間だからこそできる会話を自分からしていきます。
その会話はなんでもいいと思うんです。その一歩を踏み出すことが大切で、現在難しさを感じています。ただ作業になって披露宴のサービスをさせていただくのではなく、当日のおふたりの思いをゲストに届けることにコミットしていきます。大切なのはおふたりの想いです。

人生の成長を感じた瞬間

次はいってくる後輩の面倒を本気で見たいと思った時です。自分が本気で相手に何かを伝えると相手も本気で伝えてくれます。こんな経験が今までなかったので、自分と仲間の未来に責任を持つということがわかったような気がしました
入社して半年経って、次の内定者もぞくぞくと決まりだして、後輩ができました。面倒を見るというのは本当に難しいことだと思っています。ずっと面倒を見ていただいた立場だったため、自分がやるとなったらやり方がわかりません。
ですが自分がしていただいてきたことを考えてみると、ただ一緒の時間を同じ場所で過ごさせていただきました。仕事以外でも遊びにさそってくださったり、いい部分は褒めてくださったり、足りていない部分は指摘してくださったり、面倒をみるって真正面から相手をみるということではないかと思います。まだまだ後輩の面倒をみることができていませんが、自分が教えていただいたことや文化は伝えていきます。受け伝えることは伝統です。

自分の人生観

【成果を出す】
何事も失敗は許されない。なぜならば、お客様にとってその1日はたった一度きりだからです。そのために、やれる準備に全力を尽くします。

リーダーシップ

自分が1番にやって背中を見せるということ。自分が背中をみている先輩や上司はやっぱり1番早くお客様のために動いています。指示が的確、まとめるのが上手い、他にも大切なことがあるかもしれないけれど、何よりもお客様のところに1番に向かっていく脊中をみせることがリーダーシップだと思います。ちなみに、入社してリーダーシップについて考える機会がありました。声が大きい、周りを巻き込む、よく話す、先頭に立っている。などなどたくさんでてきました。でもはたして、お客様からみてわかるリーダーシップってなんだろうと考えたところ、誰よりもはやくお客様の元にいくという答えにたどりつきました。呼ばれる前にお客様の元へいく、お手洗いにいくなら扉のケアをする、着席する時はチェアサービスをするなど、できることは溢れています。やるかやらないかは自分次第。やらなかった後悔よりも、やった後悔のほうが断然いい。

WAO!!STYLEになってよかったこと

それは、顧客満足度の追及という、共通した熱い想いをもった仲間がいるということです。この人たちと人生を。

将来の夢

地元の大阪でお客様の最高の笑顔で溢れた結婚式を行う。必ず。

世の中にWAO!!STYLEを発信してください

お客様のことだけを想う熱い人たちがここにはいます。そして、想像以上の感動を生むために仕掛けるプロフェッショナルがここにはいます。

WAO!!STYLEへ入社希望者へのメッセージ

私は、WAO!!STYLEブライダルの世界、自分がそして、常に相手の立場にたって考えることができる仲間と突っ走りたいです。

これからの人生

私が、説明会で魅力を感じたWAO!!STYLEの皆さんのように、「誰とやるか」の「誰」になれるように1日1日を大切に努力します。また、お客様の人生にとって最大級のイベントである結婚式に関わらせていただけることに誇りを感じています。

みんながあなたのことをこう言います

市川一郎: 愛され上手から愛する側に回れるか?人生の正念場だぞ。
井上勝正: 優しさ溢れるスベり関西人
金村潤三: やり遂げる強さを持っている
伏本周永: 真面目な青年君。
荒井直子: 関西人じゃない関西人
藤田啓輔: やります隊長
井上健太: マジメな関西人(おもしろくない)
松雅刀: アホ過ぎて最高
三村純己: やさしさとぬくもりを持った唯の関西人
国井俊輔: 1番に手を挙げてスベる関西人!
伊庭智之: 寡黙な頑張り屋
庄村昌也: 心優しき巨人兵
岸本智渚: イマイチ面白くない関西人
碇美奈子: 真面目
佐藤慧太: パン
関谷玲奈: 熱い。いいやる。生粋の関西人。
清野なつみ:不器用で一所懸命
高柳拓弥: エセ関西人。笑 でもなんだかんだ頼りになる男。
山内美佳: まじめ。
日比野将人: いつも本当におもしろい!まっすぐで一生懸命
柳瀬昌紀: 準備を120%しなさい
武末彩花: 笑わせてくれる。優しい。真面目。
田中統子: 人間性が素晴らしい
藤ノ木怜央: やるときはやる
山口達也: 面白い先輩
尾崎剣吾: 優しくおもしろく最高です!かっこいいです!
島野工: 優しいお兄さんのような
吉原良: 面白いです。ものすごく!そしてかっこよすぎます
鹿島裕也: いつも背中を押してくれる
松田惇平: オンの時もオフの時も真面目。
中村道香: サラッと優しい。気づくのが速い。
天間夏々星: 熱い、真面目、一筋
秋本芽衣: 静かに見守っていてくれる心強さ