「ディティールに神は宿る」

| コメントはありません。

 

「そこまでしなくても、もういいでしょ!!」

って学生の時から、就職したての時に思ってました。

・できることを全力でやる

(できないことはしかたない)

・効率的な範囲でやる

(最後の詰めがんばらない)

・ここまでしか自分にはできない

(これ以上できないことはないんだけど大変だ)

80点とか90点ラインまでならなかなかスイスイいくんでしょうけど、

最後の触るべきか触らないべきか、

よくなったんだけど、悪くないんだけど、もうちょっとできるかな?

っていうラインからは一気に効率が悪くなります。

あとはその「コレ!!」っていうものに出会えるかどうか?

「コレ!!」っていうものってどういうものか?

最後の一手間って、

余計なことをやってしまうこともあります。

足し算の調和。

引き算の美。

私はこう見えて引き算が好きです。

いらないものは勇気を持って省く。

いるものはいらないくらいこってりと攻める。

そう、それは、90点が95点、96、97、98、99,100、101?

となるのを狙って。

ちょっとギリ行き過ぎたラインが一番印象に残るともいます。

それは美術だけではなく、仕事のインパクトにおいても。

私はそのラインまでいくことが、

「インパクトと効率性」でもっともいいラインだと思う。

(効率だけならどんなに手間かかってもOKできないから)