「一年待ってください。」

| コメントはありません。

 

No1じゃないことの悔しさを噛みした男がいました。

彼は当然ノミネートされます。

No1だったこともあります。

しかし、今年は2番でした。

アンケート主体なので、このアンケートだけがお客様の満足度を測れる訳ではないのですが、ここにも拘るということはとても大切なことです。

そして、それを誰よりも分かっている男。

言い訳せずに誰よりも深く、そんなに思い詰める男。

やはり、彼はリーダーなのでしょう。

彼のことを悪くいう人はいません。

試合と勝負と表現するのはものの例えですが、

「試合を表彰」

「勝負を日々のお客様の満足度や仲間からの信頼」

と表現するのならば、

(捉え方によっては語弊も感じると思うのですが、ご理解くださいませ)

「試合に負けて、勝負では勝ってやる!!」

いや、これではダメなんです。

「どちらも」

大事なんです。

そしてどちらも大事にしているからWAO!!STYLEなんです。

もちろん順位が出るものなので順番はついてしまうのですが、

誰も手を抜いているわけではありません。

(なのでハイレベルな上でのランキングです。)

案外、自分が勝者でないと目を背ける癖がWAO!!STYLEにはあります。

けれど、この男はまっすぐ受け入れるんですよね。

「1年待ってください。必ず僕のチームで溢れさせてみせます」

待っていますとも。