「カルチャー」

成果を決めるのは企業カルチャーです。
マンパワーのエイヤーでやってることは、安定しない。
案外そのマンパワーの人が諸悪の根源でもあったりしますから。
実際はそうだったなってとても思うんですよね。
(じゃあ、今がどうかと言われると耳が痛い)
マンパワーはとても大切。
けど、そのマンパワーの発揮の仕方や、発揮できるようになるためのカルチャーが重要だと思うんです。

(先日のイベントの一枚。夏なので浴衣モード)
それは言葉や仕組みが生み出すものではなくて、
空気感。
社歴の長い人や、年齢の高い人ほど、そうである行動を取っていると生まれやすいのではないでしょうか。
逆に社歴の長い人や、年齢の高い人が
「若者にだけやらせる高みの見物方式」
だと間違いなく上手くいきません。
それはチャレンジでもなんでもない。
社歴の長い人や、年齢の高い人こそが、若者と切磋琢磨し、
若者がもっとがんばるようになる文化をつくっていくことこそがWAO!!STYLEのあるべき姿なのでしょうか。

(たまにはチャラけてる写真も)
頑張らねば。
やればできる。