「誰かの時間」

もし、もっと成長したい時に、誰かのサポートが欲しいのならば、リクエストして下さい。

もし、相手が快い反応をしなかった時は原因があります。
・貴方との時間よりも優先すべきことがある
・貴方の情熱が足りない
・貴方のリクエストを受けるほど、貴方のここまでの実績、努力を評価していない

貴方にとっては、はじめてでとても偉大な挑戦でも、上司・先輩にとっては複数回繰り返されてきたコトだったりもする。

実は上司・先輩も同じ挑戦や違う形でのなんらかのサポートを上司・先輩の上司・先輩から受けているのですが、上記のなんらかの理由により、受け容れて貰えない。

実はそういうタイプの、上司、先輩には傾向がある。

□考えさせる<言った通りにやれ

□全ての項目をチェックする < 目についたことを言う

□常に教えてくれる < 気が向いた時に現れる

□FBが考え方に対する正誤 < FBが感情論

□成果を認める < 努力賞でOK

けど、上記右側のパターンでも悪気があるわけではない。

どちらかというとめちゃくちゃ熱いだけでもある。


お互いに大切なことは目的に対する本気度。
相手を動かすのは自分次第。
他人と過去は変えられない。
自分の情熱で相手を動かせ。
上司・先輩を動かすのはおまえだ。
部下・後輩を動かすのはおまえだ。
情熱の表現は語気の強くした言葉だけではなくて、
日々の行動の積み重ねだと思う。

お互いに。