自分の為か、お客様の為か

先日、インタビューなるものを受けてまいりました。
創業メンバーと第一期生だけだったのですが、お話させていただいたのは、就活サイトを運営されていらっしゃる会社の方です。

私はあまりこういう機会を今までいただいたことが無かったので、正直ドキドキしながらお話致しました。
話したことと言えば…なんでしょう。
色々と聞かれ、全てを覚えていないのですが、
たくさんの質問の中で、
「長く仕事をしていると、自分のやっている仕事が、何の為にやっているのかわからなくなることはありませんか?
今やっていることは、果たして自分の為なのか、お客様の為なのか、それとも違うものの為なのか」
ということを聞かれました。
不思議と、迷わず答えが出ました。
「全てはお客様の為です。結果、お客様にとってを追求してやっていることで成果を得て、自分の為になっているから。お客様の感動や満足という成果=自分の成果だと思います」
多分、これはWAO!!STYLEにいるから出た答えだろうな、と後から思いました。

自分の為と、お客様の為は、二者択一には成り得なくて、
ご飯が美味しかったり、休みが待ち遠しかったり、仲間と飲むことが嬉しかったり、自分の日々の生活が充実して、幸せになるのは、人の為に本気で仕事しているから得られるものなんだと、そう思います。
そうやって、自分が誇りを持って働いた成果で、自分や自分の家族も幸せに出来たなら、
自分自身にやりきったって言える気がします。
しんどい時や辛いな、と感じる瞬間はあるけれど、
でもそれは、やり切ってお客様に届かない。のではなくて、自分がやった分が足りてない、もしくはやってないからなんです。
届くまで本気でやる。全部出来たら、しんどくない!!はず。

「嬉しかったことで覚えていることはありますか?」
披露宴を終えた新婦様から、「この仕事天職ですよね」って言ってもらえたことがあります。
その時、言葉にならないくらい嬉しかったです。
自分の気持ちや行動が、お客様に届いたんだと、自分で納得が出来ました。
まだまだ、自分が結婚式の仕事に向いているなんて言えないですし、わかりもしません。
でも、まだまだやれると思います。
自分で「天職だった」と思えるくらい、とことん、このチームでやってみたいと思います。
自分の意思に嘘をつかないように、
明日もやりきりたい。
やればできる!!!!!!!!!!!!!